お知らせ/最新情報 NEWS & INFORMATION

2016.07.17

久世駒形稚児がご休憩されました

7月17日、祇園祭の神事「神幸祭」が行われ、それを先導する久世駒形稚児が三嶋亭でご休憩されました。

八坂神社南楼門、稚児は神の依代であり、この久世稚児(駒形稚児)は、南区上久世町の綾戸国中(あやとくなか)神社のご神体の駒形を胸に携えております。
綾戸国中神社の祭神も素戔嗚尊で、八坂神社の「和御魂(にぎみたま)」に対し、「荒御霊(あらみたま)」と呼ばれており、久世稚児は八坂神社の祭神・素鳴戔尊の荒魂を具現しており、長刀鉾の生稚児と異なり、下馬せずに境内に入ることが許されております。

由来については不詳ですが、応仁・文明の乱(1467-1477)以後の芸能集団「少将井駒形座中」との説があります。
久世稚児は、神幸祭と還幸祭で白馬に乗り、中御座の神輿を先導いたします。

駒形稚児は神の化身のため、決して地に足をつけてはならないため、剛力さんの肩に担がれて、白馬に騎乗されます。

総代、役員はじめ行列お供の皆様です。久世駒形稚児のご出発まで、三嶋亭の前でご休憩されています。

綾戸國中神社(あやとくになかじんじゃ)

Tags
 

今月の営業日

2017年09月
         

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

       
ご予約の確認とキャンセル
お電話でのご予約・お問合せ
TEL. 075-221-0003